住宅ローンの恐怖!

35年間、ずっと健康でいられる自信ありますか?

あなたには、住宅ローンはありますか?
その契約は、何年間になっていますか?
残債はあとどのくらいですか?

言うまでもなく、住宅ローンは「ローン=借金」です。
しかも、かなり大きい金額の借金です。
きちんと支払っていられればいいのですが、支払いができなくなったら、どうしますか?

住宅ローンの年数は、だいたい35年が通常。
30歳でローンをくんだ場合、65歳までずっとお金を返し続けなければいけません。
65歳といえば、もうかなりお年寄りになっていますよね。
そんな年まで、バリバリと働くことが出来るのでしょうか。

実は、住宅ローンというのは、夫婦共稼ぎの家庭のほうが破綻しやすい、ということをご存知でしょうか?
普通に考えれば、稼ぎ手が1人よりも2人のほうが多くの収入があるはずなので、破綻する確率は低いように思えるのですが、現実は逆なのです。
それはなぜか、というと、夫婦共稼ぎの場合、「夫婦それぞれがずっと安定してお金を稼ぐ」ということを前提に、高い住宅ローンを組んでしまうからなのです。

夫婦揃って仲良く毎日働いて、お金が家庭にたくさん入ってくるうちは、特に問題ないのです。
ですが、例えば旦那さんが病気になってしまったとか、奥さんが妊娠して退職したとか、人生には何があるかわかりません。
そうした不慮の出来事があって収入が減ってしまった場合。ローンを組んだ時には、こうした事態は想定していないので、たちまち支払いに困ってしまうことになります。
それでも蓄えがあればいいのですが、余剰資金はほとんどがローンに持っていかれるので、こうした夫婦の場合、貯金がほとんどありません。
そのために、ローンが支払えずに破綻・・・ということが、現実にかなり起きているのです。

それに、今は日本の企業というものの体制が激変している時代。
いつリストラされるか、いつ会社がなくなってしまうのか、誰にもわからない、そんな時代です。
そんな危険が待ち受けているかもしれないのに、「夫婦2人で35年毎月お給料がもらえる」とどうして安易に考えることが出来るでしょうか
ましてや、ローンの返済方法として、支払い当初は金額が少な目で、あとになるほど金額が多めに設定している場合があります。
これは、昔の年功序列で給料がどんどん増えていくことを想定しているのですが、今は全くそんなシステムは壊滅してしまっています。
そうなると、年を取れば取るほど、ローンの負担は重くなる一方で、返すあてがなくなってきてしまうのです。

住宅ローンを組むな、とは言いません。
ですが、安直に、銀行のいいなりになって35年ローンを組む場合、その金額が本当に支払えるのか、アクシデントがあった場合どうするのか、ライフステージが変化しても払えるのか、そういうことを綿密に考えておかなければなりません。
よくある「月々5万円の35年間」というローン、「賃貸のマンションに住むよりも格安!」と言いますが、賃貸の場合だったらお金が厳しければ借り換えができます。ですが、自宅を買ってしまった場合、ローンが厳しくても減額することができません。
くれぐれも、甘い言葉にだまされないようにしてくださいね。